BURTON(バートン)で行こう 2011-2012 激安通販サーチ > BURTON>スノーボード11-12 > 話題のロッカーボードについて(第3話)ロッカーボードのデメリット
2009年10月07日

話題のロッカーボードについて(第3話)ロッカーボードのデメリット

前回のお話ではロッカーボードのメリットについて説明しましたので、今回はデメリットについて説明したいと思います。

第1話、第2話でも説明しましたが、ロッカーボードはノーズとテールが浮いている形状になっています。
今までのキャンバーのスノーボードに比べ、接地面が少なく、エッジが引っかかりにくいのがメリットでもありました。
逆を言えば、接地面積が少ないため、高速滑走時の安定性が悪かったり、キッカーなどの着地で板がずれ(ドライブし)たりしてしまうのです。

ワンメイクジャンプやハーフパイプ、高速フリーランを楽しみたい方は、従来のキャンバー構造のスノーボードのほうがいいのかもしれませんね。


ROMEのプロライダー2人による、それぞれの機能の説明

第1話:ロッカーボードとは

第2話:ロッカーボードのメリットへ

楽天 【楽天市場で 話題のロッカーボードを探す】



BURTON(バートン)でblogランキングへ行こう! posted by キム・バートン(Kim BURTON) at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | BURTON>スノーボード11-12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129738241
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。